東日本法人個人委員会 研究会
『今日(いま)的デジタル入稿のキモ教えます。』

[担当理事]小笠原輝彦/野末俊作
[担当委員]清水久司/伊藤 稔/村井大三郎/塙 冨士雄/渡辺 建

●開催日時 2006年11月15日(水)
セミナー 16:00〜17:30  懇親会 18:00〜20:00
●会 場 凸版印刷株式会社 印刷博物館グーテンベルクルーム
●参加者 セミナー 61名  懇親会 19名
●講 師 緑川裕子氏 凸版印刷株式会社
      生産・技術・研究本部 パッケージプリプレス担当

《理事報告》

 昨今デザイナーをとりまく制作環境はマックOSのバージョンアップやイラストレーターCSの登場、あるいはインテルチップ搭載のマック発売とめまぐるしい変化を遂げています。この百花繚乱の中、デザイナーの最低限知っておかなければならないデジタル周りの知識、版下作成上の留意点等を凸版印刷生産・技術・研究部門の緑川裕子さんよりお話を伺いました。
緑川氏からはマックOSとフォントの関係、マックOSとイラストレーターバージョンの関係、イラストレーターバージョン間の互換性の問題、入稿トラブル事例など実践に即したお話を、実際マックでの操作も交え講演をいただきました。
参加の会員からも「実践的な内容で参考になった。」「うやむやだった部分がスッキリした。」「具体的なトラブル事例、CS2の設定など参考になった。」等好意的な意見が聞かれました。事後のアンケートでも100%の方が「大変参考になった」「参考になった」と答えられました。
講師の方が当日使用した資料をほしいという意見も多く、後日参加者には配布することも検討したいと思います。