Japanese English

Vol.90 「<大丈夫かな⁈ 侵害事例から学ぶ知財セミナー>のお知らせ」

デザイン保護委員会では今期第1回目の知財セミナーとして、61日(木)に “だいじょうぶかな⁈の前に。侵害事例から学ぶ知財のいろいろ” というタイトルのセミナーを実施します。
「知的財産権とパッケージデザインとの関わりの全体」を、具体的にイメージできることを目標にしています。デザイナーだけでなく、デザインに関わる様々な業務に取り組む方々にも、きっと役立つセミナーです。詳細は、本文セミナー案内をご覧ください。申し込み方法も記載しています。

※定員に達したため、申し込みは締め切らせていただきました。現在キャンセル待ちとして受付しております。(5月17日追記)

(2017年4月25日 編集・文責:デザイン保護委員会 委員長 丸山和子)

◆このページに限らずVol.1〜これまでに掲載した内容は著作権・他で保護されています。
無断転用はお断りいたします。引用の場合は引用部分を明確にし、出所の明示をお願いいたします。


 情報発信&活動報告

2017年度 第1回の知財セミナーを、61日(木)に開催いたします
主催/(JPDA) 公益社団法人 日本パッケージデザイン協会 デザイン保護委員会

知財トラブルなんて身近に起こる筈がない・・と油断していませんか。思わぬ事態に慌てないように、事前にどのようなところに危険が潜んでいるのかを学んでいただこうと、前年度開催しましたセミナー「新人クリエーター必修!事例から学ぶ・役立つ知財保護」(※セミナー報告は下記URLでご覧いただけます。) に引き続き、必要な知財法の実践的な知識に出会うセミナーを用意しました。
(※Vol.79本レポート http://www.jpda.or.jp/rights_protection/vol-79/)

今回は、実際に起こった侵害事件から、そこにある問題点を解説していただき、事例ではどのような解決策が取られたのか。また、可能性として考えられるトラブル回避の対策についてもお話しいただきます。
新人は知財の一歩として気軽な気持ちで、ベテランはより深く知るためにぜひご参加ください。

◆参加申し込みは、下記の①~④のいずれかで受け付けています。
①4月13日配信の会員FAX案内の申し込み欄に必要事項を記入の上、事務局にFAX送信。
②ウエブサイトからhttp://www.jpda.or.jp/seminar_and_report/2017/0601
③メールで:協会メールアドレス( MAILinfo@jpda.or.jp )宛に、件名「6月1日 知財権セミナー」とし、申し込み票記載の必要事項を記入して送信
④セミナー案内をダウンロードし、申し込み票に必要事項を記入してJPDA事務局へFAX

>>> 案内PDFをダウンロード

 活動報告

2017年度 第2回目のセミナーとして、2月に<公報検索体験セミナーの第2弾>

2016年1114日に実施しました<J-PlatPatに出会ってみよう>をテーマとした初歩編の公報検索体験セミナーの続編となります。
日程は、来年2月を予定しています。内容は、初歩的なレベルをマスターした人を対象とします。そのため、「公報検索の手引きとなるような初歩の自習用テキスト」の作成検討も開始しました。
セミナー開催までに、委員会での検討経過に沿って作成テキストの内容の紹介を分割レポートしていく予定です。
※公報検索体験セミナーのお知らせは、本レポートページ12月号に掲載の予定です。

引き続きご意見、ご要望等は下記アドレスで受け付けています。
MAIL:info@jpda.or.jp

最近のレポート