Japanese English
共催:凸版印刷株式会社 印刷博物館、JFPI、JPI、JPDA

現代日本のパッケージ2018
& トークショー

会 期:2018年10月10日(水)-12月9日(日)
休館日:毎週月曜日
会 場:印刷博物館 P&Pギャラリー
    東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
開館時間:10:00〜18:00
入場料:無 料

身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされています。本展では日本で開催されている大規模なパッケージコンクールの受賞作を通じて、身近な存在のパッケージの面白さをご紹介します。

【展示内容】※受賞作品すべての展示ではありません。

・第57回ジャパンパッケージングコンペティション
主催:一般社団法人日本印刷産業連合会(JFPI)
市場で販売されている商品化されたコマーシャルパッケージの優秀性を競う商品包装コンペティションです。

・2018日本パッケージングコンテスト(第40回)
主催:公益社団法人日本包装技術協会(JPI)
材料、設計、技術、適正包装、環境対応、デザイン、輸送包装、ロジスティクス、販売促進、アイデアなどあらゆる機能から見て年間の優秀作品を選定するコンテストです。

・JPDAパッケージデザインインデックス2018〈特集:パッケージの「白」の表現〉
『パッケージデザインインデックス2018』掲載作品の中から、現代の日本のパッケージデザインにおける「白」の表現をキーワードに幅広いタイプの作品を紹介します。

※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です。

展示に関する詳細はこちら >>>
https://www.printing-museum.org/exhibition/pp/181010/

 

○10月14日 トークショー 【パッケージの「白」の表現】

日 時:10月14日(日)15:00-16:30
会 場:印刷博物館 グーテンベルクルーム
定 員:80名 ※事前申込制・参加無料

モデレーター:加藤芳夫(クリエイティブディレクター)
石川竜太(アートディレクター/デザイナー 株式会社フレーム 代表取締役)
児島 薫(デザインディレクター サントリーコミュニケーションズ株式会社)
東海林小百合(アートディレクター、パッケージ/グラフィックデザイナー SAYURI STUDIO, INC.)
山崎 茂(クリエイティブディレクター 株式会社コーセー)

トークショーの申込みはこちら >>>
https://www.printing-museum.org/exhibition/lecture/