Japanese English
調査研究委員会

パッケージデザインの価値
はどうなるか〔第2回研究会〕
ザ・買物

日 時:2019年9月19日(木)16:00-20:00(受付15:30)
会 場:東洋インキ株式会社大会議室(京橋エドグラン29F)*22Fより入場
    東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン
参加費:JPDA会員3,000円/一般4,000円/学生1,000円
*第1回から継続参加の方:JPDA会員2,000円/一般3,000円/学生500円
(申込フォームの通信欄に「継続参加」と記入してください)
定 員:30名
申込締切:2019年9月13日(金)(先着順・定員になり次第締切)

JPDA調査研究委員会では、社会の変化、技術の進展でパッケージデザインはどう変わるかを探索するシリーズ研究会「パッケージデザインの価値はどうなるか」を進めています。
本年3月開催の第1回研究会では、「サステナビリティとリサイクル」「買い物行動」についてディスカッションを行いました。今回は「買い物行動とパッケージデザイン」のテーマをさらに深掘りします。デザイン×技術の対話の場です。どうぞご参加ください。
*第3回研究会(2020年春予定)では「サステナビリティとパッケージデザイン」を取り上げます。


15:30- 受付開始 会場 東洋インキ株式会社大会議室(京橋エドグラン29F)*22Fより入場
16:00- 開会

16:10- 第一部 
     講演「デジタルテクノロジーと変わるショッピング」
      島田道雄氏(日本包装専士会副会長・未来包装研究委員会委員長、技術士[経営工学部門])
     JPDA調査研究委員会より「パッケージと買い物の変化・超ダイジェスト」

17:20- 第二部 ディスカッション
     テーマ:「買い物変化で、どうなる?どうする? パッケージデザイン」
      委員会メンバー×会場の皆様

19:30- 第三部 交流会(20:00終了予定)


※申込方法:このページ上部の「お申し込み」ボタンからフォームに記入し送信してください。
※第1回から継続参加の方は、フォームの通信欄に「継続参加」とご記入ください。
>>> 案内PDFをダウンロード


■日本包装専士会:
(公社)日本包装技術協会主催「包装アカデミー」講座を経て、包装技術のエキスパートとして「包装専士」の称号を得た修了者で構成する任意団体、1987年設立、会員数178名(2018年現在)。
 >>> 日本包装専⼠会サイト
■未来包装研究委員会:
「包装を通してあるべき未来を提案する」を目的に、「社会的課題」、「新技術(包装技術・包装の役割)」の情報を入れ、これら情報をクロスに評価し、「2030年のあるべき姿」と「現状とのギャップ」を見える化し、「進むべき方向」を提案する日本包装専士会のプロジェクト。2016年より活動を開始し、2018年の東京国際包装展(TOKYO PACK 2018)で発表しました。


参考資料:パッケージデザインの価値はどうなるか〔第1回研究会〕
 >>> 研究会開催レポート
 >>> 島田講師・「2030年包装の未来予測 概要」講演概略
 >>> JPDA調査研究委員会・報告概略