8つの言葉について

instagramでも展覧会の最新情報をご覧になれます!

    「うつくしい日本語」を用いたパッケージデザイン

    ということで8つのお題となる言葉を用意しましたが、
    この言葉に関するご意見やお問い合わせをいただきましたので、
    イメージを膨らませやすいように、
    言葉の意味と、イメージ画像を添付させて頂きました。
    ここに上げた画像は、あくまで展覧会委員がイメージでチョイスしたものです。
    感じ方はひとそれぞれ違うと思いますが、
    ヒントになればと思い参考までに用意させていただきました。
    なお、これらの画像は参考ですのでご使用はお控えください。

    (あでやか)(艶やか)

    華やかで美しいさま。なまめかしいさま。つやがあり美しいさま。
    大きな世界観では、江戸時代に花開いた、日本のあざやかな「美」。美人画に見る女性の艶やかさ。
    婚礼や晴れの日を彩って来た日本の文化。晴れの日を心から楽しむ日本の感性。

    (うつろう)(映ろう・移ろう)

    季節が移り変わる事、時間が経過する事、時とともにものが変わってゆく。流れて行く。
    大きな世界観で、日本人の感性の中にある、「消えて行くもの」「変わって行くもの」を愛おしむ心
    日本人独特の季節感。他に「衰える」「花が散る」「色が褪せる」「取り止めもなく、おもいまどろむ様子」など。

    (いさぎよい)(潔い)

    思い切りがよい。未練がましくない。また、さっぱりとしていて小気味がよい。
    大きな世界観として、いなせな、粋な、気っぷが良い、竹を割った、清々しい、
    清らか、汚れがない、など。

    (せせらぎ)

    小川の水音、さらさらと流れる川の音。浅い瀬などを水が流れる音・様子。
    大きな世界観としては、自然のいとなみ、自然体、春を待つ日本人のこころ。

    (ざわめく)(騒めく)

    ざわざわする。騒々しい。心が、ざわめく、ゆれる気持ち。
    大きな世界観では、にぎやかで、人の心を落ち着かせないもの、新しいものにいだく
    興味と不安。気になるもの。又は「風のざわめき」「木々のざわめき」など自然の音。

    (いただきます)(戴きます)

    食事の時のあいさつ。食事に携わってくれた方々への感謝と食材(命あるもの)への感謝の気持ちを表す。
    大きな世界観では、日本人のもつ相手を思いやる「おもてなし」「おもいやり」など。

    (しじま)

    無言、沈黙、静寂。静まりかえっていること。
    「ふるいけや 蛙とびこむ みずのおと」松尾芭蕉の俳句が静けさをよく表している。
    大きな世界観としては、日本の美意識「侘、寂」につながる言葉。無言。質素で静かなもの。

    (こころくばり)(心配り)

    相手のために良いようにと、思いやりの心を働かす事。配慮や心配、気遣いのこと。
    大きな世界観では、相手を思いやる心とそれを気づかせない粋な配慮。
    相手への感謝「ありがとう」の気持ちなどにつながる。心だけでなくプレゼントをともなうこともある。