コンペティション&アワード

⽇本パッケージングコンテスト

公益社団法⼈ ⽇本包装技術協会

〔ご注意〕
個々の内容は掲載時のものです。
年により応募時期やカテゴリー、参加金額が変更になることがあります。
応募にあたってはそれぞれの主催者にご確認ください。
海外のアワードに関しては日本から応募できないものもあります。
(掲載は順不同)
国内
募集時期
2022年5月25日まで《2022の場合》
応募条件
2021年7月1日以降に商品化されたもの、または今後発売が決定しているもの(試作品は含みません)

WEB

https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/jpc_index.html

詳細

●審査基準(目安)

1.適正包装
2.環境適合性
3.保護・保全性
4.経済性
5.情報性
6.安全性
7.機能性
8.創造性
9.製造流通適性
10.アクセシブルデザイン性
11.視覚効果

●出品料

1点の場合 会員:17,600円 一般:23,100円
2~3点の場合1点につき会員:15,400円 一般:20,900円
4点以上の場合1点につき会員:14,300円 一般:19,800円
*シリーズ商品1シリーズにつき 会員:24,200円 一般:30,800円

●審査員

大学、経済産業省、日本商工会議所、日本貿易振興機構、主婦連合会、JPDA理事長、他、関連団体など

●賞

ジャパンスター賞(12賞)
経済産業大臣賞
経済産業省産業技術環境局長賞
経済産業省製造産業局長賞
日本商工会議所会頭賞
日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長賞
公益財団法人日本生産性本部会長賞
公益社団法人日本パッケージデザイン協会賞
公益社団法人日本マーケティング協会会長賞
公益社団法人日本グラフィックデザイン協会賞
公益財団法人共用品推進機構理事長賞
消費者団体推薦賞
公益社団法人日本包装技術協会会長賞

包装技術賞(6賞)
テクニカル包装賞
適性包装賞
パッケージデザイン賞
包装アイデア賞
アクセシブルデザイン包装賞(触覚識別表示)
ロジスティクス賞

包装部門賞(13賞)
食品包装部門賞(一般)
菓子包装部門賞(和菓子・洋菓子)
飲料包装部門賞
化粧品包装部門賞
医薬品・医療品包装部門賞
トイレタリー包装部門賞
日用品・雑貨包装部門賞
贈答品包装部門賞
POP・店頭販売包装部門賞
輸送包装部門賞
電気・機器包装部門賞
工業包装部門賞
大型・重量物包装部門賞
(その他応募状況により設置予定)

●その他情報

審査は、2022年6月16日一斉展示のうえ、審査委員会にて行う。
入賞作品は2022年10月に開催予定の『TOKYO PACK 2022』特設コーナーで、一般公開される。
ジャパンスター賞入賞作品(2~3点)の受賞記念フォーラムを開催する。
また、入賞作品には、“ワールドスター2022コンテスト”(毎年開催、主催:世界包装機構)への出品資格が与えられるとともに、優秀の証として、GPマークの使用が認められる。

ページの先頭へ