日本パッケージデザイン大賞

日本パッケージデザイン大賞イメージ画像

日本パッケージデザイン大賞とは

2年に一度のコンペティション トップランナーが集結する一大イベント

公募により広く作品を募集して選考するJAPAN PACKAGE DESIGN AWARDSは、パッケージというデザイン領域のプロフェッショナルたちが集い、作品のデザイン性や創造性を競うコンペティションです。
1985年から隔年で開催、パッケージデザインの社会的地位向上をめざし、優れた仕事に拍手を贈る場を築いてきました。
生産や流通、環境などの包装材料としての面だけでなく、デザイン的な価値や商品づくりの観点にも重きを置きながら、パッケージデザイナーの目で評価することも大きな特徴となっています。
約1,000点の作品から会員審査員と外部特別審査員による厳正な審査を経て、大賞・金賞・銀賞・部門賞・特別審査員賞などが選出されます。

JPDAライブラリ「JPDAパッケージアーカイブス」では、日本パッケージデザイン大賞の大賞と金賞受賞作品を中心に収集・公開しています。詳しくは以下をご覧ください。

Package Archives

− 時代をうつしとるパッケージデザインの記録 −

外部ウィンドウを開く
ページの先頭へ