コンペティション&アワード

ジャパンパッケージングコンペティション

一般社団法人 日本印刷産業連合会

〔ご注意〕
個々の内容は掲載時のものです。
年により応募時期やカテゴリー、参加金額が変更になることがあります。
応募にあたってはそれぞれの主催者にご確認ください。
海外のアワードに関しては日本から応募できないものもあります。
(掲載は順不同)
国内
募集時期
2019年11月21日(木)〜2020年1月23日(水)《2020の場合》
応募条件
【JPC2020の場合】 平成30年1月1日より令和元年12月31日までの2年間に商品化され、市販された商品パッケージ(業務用を含む)およびPOP (パッケージと一体化してデザインされたもの) ・ただし、当コンペティションに未応募の作品

WEB

https://www.jfpi.or.jp/topics_detail6/id=34

詳細

●その他情報

第58回JPC(2019)入賞作品一覧
https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=4270

●審査基準

1.パッケージとしての市場性が優れていること
2.パッケージとしての機能・構造が優れていること
3.デザインとしての総合調和があり独創性を持っていること
4.パッケージとしての社会性が配慮されていること

●参加金額

審査・展示料として、【JPC2020の場合】
単品商品 1点 13,000円(税込金額14,300円。同一ブランドで形、色違い 2点まで単品扱い可)
ファミリー商品 15,000円(税込16,500円。同一ブランドで形、色違い 3点以上)
POP・包装紙・ショッピングバックは 16,000円(税込17,600円)

●審査員

(順不同・申請中)
宮崎 紀郎、伊藤 透、加藤 芳夫、越野 滋夫、竹原 聖人、久和野 英明、
宮久 哲実、大槻 浩二、丹羽 洋子、松崎 笙子、成毛 慎一
オブザーバー(経済産業省担当官)

●賞

経済産業大臣賞(2点)
経済産業省製造産業局長賞(2点)
経済産業省商務情報政策局長賞(3点)
公益社団法人日本パッケージデザイン協会賞(1点)
公益社団法人日本包装技術協会長賞(1点)
公益社団法人日本マーケティング協会賞(1点)
一般社団法人日本プロモーショナル・マーケティング協会賞(1点)
日本百貨店協会賞(1点)
一般社団法人日本印刷産業連合会長賞(5点)
部門賞(21部門・各部門原則2点)
奨励賞(若干)

ページの先頭へ