JPDAニュース

日本パッケージデザイン大賞2021 一次審査結果【速報】

2020.07.01

日本パッケージデザイン大賞2021 一次審査結果【速報】の画像

日本パッケージデザイン大賞2021は、応募総数827点を数えました。
コロナ禍の状況の中、多くのご応募、誠にありがとうございました。

一次審査は、6月8日(月)から6月15日(月)までの8日間、
48名の一次審査員(※)により、画像による審査がオンラインで行われました。
その結果406点の入選作品が選ばれております。
(※)協会会員審査員38名+前回(大賞2019)金賞受賞者10名

●入選作品リスト(406点) >>>リストを表示(PDF)

 
二次審査は、8月27日(木)に協会会員審査員11名と前回大賞受賞者1名に外部特別審査員4名を加えた計16名により実物を見ながらの討議で行われ、入選作品の中から<大賞、金賞、銀賞、銅賞、特別審査員賞>などが選ばれる予定です。

■今後の予定
・入賞作品の速報は、9月中旬までに協会ホームページにて公開予定です。
・日本パッケージデザイン大賞2021贈賞式は、2021年初春に行われる予定です。
・入賞・入選作品は、2021年刊行の『年鑑日本のパッケージデザイン 2021』に収録されます。
※予定については、予告なく変更されることがあります。

ページの先頭へ