Publication

PACKAGE DESIGN IN JAPAN BIENNIAL vol.18の表紙画像

年鑑日本のパッケージデザイン2019

PACKAGE DESIGN IN JAPAN BIENNIAL vol.18

2019年5月より全国の書店にて刊行。
応募作品1,201点の中から厳選な審査を経て選出された入賞・入選作品422点を収録。

「日本パッケージデザイン大賞2019」平成最後の大賞は審査員満場一致で決定。 2016年から2018年に制作された応募作品1,201点の中から厳選な審査を経て選出された入賞・入選作品422点を収録。日本パッケージシーンの今が確認できる、資料性の高い年鑑。
特集テーマは「平成のパッケージ―生活を変えたデザイン」。
平成のデザインを見つめ直し、来るべき次代のデザインを考察する。

企画/監修:公益社団法人 日本パッケージデザイン協会
発行/発売:株式会社 六耀社
ブックデザイン:東海林小百合 中川 萌(SAYURI STUDIO, INC.)
体裁:B5変型判(天地240mm×左右180mm)
総頁:616頁/並製・ジャケット装
定価:本体価格25,000円+税

ページの先頭へ